スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

マリアの七つの悲しみ

1.ISIくんの間の悪さ
2.NIくんのノーリアクション
3.YMKっちの最強っぷり
4.YKR(私)のハイテンション
5.TKMちゃんの脱力系センス
6.klilynの作る無言の空気
7.natureちゃんの自虐

以上、MARIAならぬMARIEの七つの悲しみ。順番は適当。
例によって総務は大変なポジションですね。
頑張れMREっち!負けるなMREっち!
続きを読む >>
Trickster * Brass Band * 01:31 * comments(11) * trackbacks(2) * pookmark

Pavane pour une infante défunte

〜春合宿反省文その一〜
亡き王女のためのパヴァーヌ(本気回生ホルン4)編

まず最初に一言。

下吹きの王女なんて、絶対なんかおかしいと思う!

王女じゃなくて女王」とか「むしろ勇者」とか講評には色々書かれてたけど
あんな重厚感溢れすぎの王女なんておかしい。絶対おかしい。
もうホントさぁ、あんなん1stの団長とかがやれば良かったんだって。
メロディー吹いてるのは1st3rdの男共なんだし、ねぇ[:ふぅ〜ん:]
あの姿をかなりの団員に見られちゃったのかなぁ…と思うともういっそ死にたい。
お願いします、誰か切腹の介錯とかしてください。

 ***

今年の春合宿で個人的にまず一番最初にやりたかったことは
「回生本気アンサンブルをやる」ことだったので、
一年越しの野望を実現に移せたことは本当に嬉しかった。

何故か私は今まで同回生3人と乗り番が一緒になることが少なく
むしろ上回生や下回生と一緒にやらせていただくことが多かったので、
「4人でアンサンブルをやっている」という事実が
もうそれだけでとっても嬉しくて、やたらとはしゃぎまくってしまい
一つ一つの瞬間がきらきら輝いてるように思えた。

でもやっぱりパヴァーヌは難曲で、
やってる内にただ楽しいだけじゃなくて悩むことも結構多かった。
やってて一番辛い、というか申し訳なかったのは
上の3人のしんどさとか辛さがダイレクトに伝わること。
ペダルトーンだって決して楽な代物ではないのだけど、
口が痛いとか、音がかすれるとか、
本当に一番しんどいバテ現象とは割合縁が遠いわけで。

高音が大の苦手な上にスタミナも無い私は
4th以外の譜面を吹けと言われても絶対吹けないことが分かり切っているので
尊敬の念と罪悪感を抱え込みながら
せめて自分に与えられた役割はしっかり果たそう、としゃかりきになっていたが
結局その思いだけが空回りしてしまった感は否めない。

それから一つ、講評を読んでいてだいぶ考えさせられた一言が。
「2回生の音色は個性があるのはいいことだけど、
 目をつぶっても誰が吹いているか分かってしまうよ」
確かに私たちは楽器も音色も四者四様の個性派集団で、
結構私はその個性が気に入っていたりするんだけど
ラストのベルトーンにしろ、メロディーの受け渡しにしろ、
それを越えて一つになりきれなかったとこは非常に惜しいと思う。

今後…そうだなぁ、最終目標はやっぱり引退する定演3部になるのかな。
これはそこに向けての大きな課題になるだろうと思う。
続きを読む >>
Trickster * Brass Band * 07:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ご利用は計画的に

本日高校の後輩Nちゃんから
「春の定期演奏会の曲が決まりました」とのお知らせがやって来ました。

メイン:マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)

おぉ、サマコンのマリアに続いて来ましたよ樽屋さん。
やっぱ今流行ってるんですねえ。
2部の曲に、さりげなく自分が現役時代にやった曲がいくつかあって
ちょっぴり懐かしい気分。ETのテーマは本気でトラウマだったなぁ;
ま、流石にあの頃よりは吹けるようになってるやろうけどたらーっ

それよりも送られてきた練習日程を見た瞬間に
新歓前練・京合・春定と三つの練習を上手く両立できるのか
今更不安になってきました。バカだなぁ自分ムニョムニョ
後先考えないのはわたくしの得意技でございます。
まぁ練習の時期は微妙にズレるからなぁ…何とかなるだろう、うん。(無計画)

とりあえず最近高校行ってないから、
テスト終わったらそろそろ顔出しに行かなくてはのぅ。
あーもぅ、とりあえず早くテスト終わってくれ〜!
Trickster * Brass Band * 23:57 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

シーフード大学

今日はnatureちゃんに色々サザエさんトリビアを伝授してもらいました。
マスオさんが早○田大学出身とか
いささか先生(字がわからん;)のフルネームとか初めて知りましたよ。
そしてTKMちゃんは時々神がかったセンスを発揮すると思います。

 ***

えーと。今日は春合宿でやる回生ホルン4の初顔合わせでした。
(といいつつ、しょっちゅう顔合わせてるので初でもなんでもないような)
実は曲自体は去年から既に決まっていたんですが、それが

ラヴェル作曲「亡き王女のためのパヴァーヌ

という何とも大それたチャレンジ。なんてったってラヴェルです。

しかも上3パートが素晴らしい空中戦(※)を展開する戦慄の編曲。
(※勝手な造語。五線の上で音符が飛び交う様子のこと。)
特に2ndの後半とか空中戦そのものです。元がハープってどうよこれ。
まぁ私の楽譜は一人で地上掃射してるわけですが。
ようこそ9割ヘ音記号の世界へ。

個人でさらった時は本気で全く吹けなかったので、
合わせたりしたらもっと色々大変なことになるのではと思ってたのですが
内容はさておき、何とか1/3は通せて希望の光が見えた…かもしれない。
100%無理! が 99.9%無理! になったぐらいの光明だけど、
これから頑張って、何とか春合宿までには形にして行けたらと思います。

とりあえず、テスト終わってからが本格始動ですね。 
先輩方がマリオ・ボザと、すごいアンサンブルをやってきていらっしゃるので
本気回生ホルンアンサンブルの伝説を継いでいけたらいいなーと思います。
(んで、今の1回生もその流れを受け継いでくれたらいいな…なんてね(*-∀-))
Trickster * Brass Band * 23:42 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

緩衝時間

今の自分を何かに例えるなら

空気の抜けたゴムボール
芯が尽きたキャンドル
溶けてしまった雪だるま

…端的に言うと、燃え尽きてますよってことで。

 ***

かの定期演奏会から2日が経ちました。
あの2日間は全部が全部夢の中の出来事のようで、
今でも頭の中がふわふわする感じが抜けきっていません。

先輩達が引退されたんだということも、
来年に向けて色んなことが新しく動き出してるということも、
頭ではよく分かってるはずなのに。

なのに、BOXに行ったら先輩達がそこにいて、
「おはよう」っていつもみたいに声を掛けてくださるんじゃないかって
変な錯覚を覚えてしまいます。
今、不思議とあまり楽器を吹きたいという気になれないのは、
先輩達のいないBOXの広さを"現実"として感じるのが怖いのかも。

 ***

今日は久しぶりに、お買い物のために大阪は梅田へ出向きました。
なんとなくハイソな気分を味わいたかったので、
NU茶屋町(※梅田に新しくできたショッピングビル)も
ちょっとだけふらふらしました。
ただしここは高そうなお店ばかりが並んでいるところなので、
店員さんに何をお探しですか?って言われても、I'm just looking!です。

前回ここに来たときは、
上へ行くエスカレーターはあるのに、下へ行く手段は階段しか存在しないという
なんとも微妙な構造にとまどい
「これって何か買うまで帰るな、ってことかな?」
「何も買わない貧乏人はとっとと階段で帰れ、ってことかもよ」
と友達と妙な納得をしてました。

でもちゃんと今回はエスカレーターの存在を見つけました。
というか普通にエレベーターもあったし。
単に前回は見落としていただけっぽいです。…そりゃそうよね。

三番街とかEST-1とかロフトとかあっちこっちうろついて
細々と色んなものを買ったら、帰りは両手一杯に荷物抱えて帰る羽目に。
…ああ、散財してもーた。お金無いのに。
でもいいお買い物ができたので、こういうときはちょっぴりほくほくです。

今の時間はたぶん、緩衝時間みたいなもんなのかな。
やりたいことや、やらなきゃいけないことをこなしながら、
気持ちを少しずつ整理していって
次のステップに向けた心構えを作っていこうと思います。
Trickster * Brass Band * 23:41 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ