スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

探さないでください

試験勉強に疲れました。蒸発したいです。
刑法の罪数とか憲法の精神的自由とか民法の担保物権全般とか
もう色々と頭の容量オーバーですムニョムニョ
…逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃだ(ry

気分転換になんか30分くらいで手軽に書けるものはないか、と思って
前からやってみたいなぁと思っていた
「携帯予測変換バトン」なるものをネットの彼方より拾ってきました。

なんじゃそれ、と思った人のために簡単なルール解説。
 1.携帯の変換予測機能をオンにして、一文字入れて変換する
    うちの携帯の例:「あ」→「焦る」「愛用」「空いてて」…
   そして最初に出てきた言葉を書く。(この時は「焦る」)
 2.変な言葉が出てきてもちゃんと書く。
   (逆にわざと狙って面白い言葉を選ぶのもなし)


これを延々とあ〜んまで繰り返すという実にシンプルなルールです。
説明も終わったところで、では早速解答の方いってみましょか。
「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む >>
Trickster * Baton * 23:48 * comments(7) * trackbacks(1) * pookmark

こんなこといいな

でっきたらいいな
あんなゆめ こんなゆめ
いっぱいあるけど♪

…変わってしまいましたねえ、ドラえもんの主題歌。

まぁ時間帯の問題でまず120%目にすることがないので
どうでもいいっちゃーどうでもいいのですが。
風の噂によれば、なんでも新ドラえもんの声は旧版で言うミニドラに近い感じで
性格も今までの保護者的な性格から、バカドラ路線にチェンジしているそうな。

分かりやすく説明すると、のび太が
スネ夫の自慢話を聞かされる or ジャイアンに無理難題言われる
してドラえもんに泣きつくというよくあるパターンの場合、
 昔ドラ「もうのび太君はしょうがないな〜」(ごそごそ)
 今ドラ「よーし、じゃあこの秘密道具で解決だ☆」(ぱんぱらぱん♪)
みたいな感じですかね。

嗚呼、これもいわゆる平成の風ってやつなのでしょうか。
所詮昭和生まれの女学生(←"女子大生"じゃないのがポイント)はもう付いてけません。

 ***

というわけで、いきなり夢のない話をしておきながらなんですが
同期のホルン友達、piantaのnatureちゃんより夢バトンを受け取りました♪

改めて見直すことも多くて、とても楽しく書かせてもらったのですが
気付けば中途半端に現実的な答えになってしまいました。
夢があるんだか無いんだか…。
とりあえず、この先は「続きを読む」からお楽しみ下さい♪
続きを読む >>
Trickster * Baton * 00:58 * comments(6) * trackbacks(2) * pookmark

命短し恋せよ乙女

久方ぶりの更新は、バトンなラッシュでございます。

今回お答えするのはなんとびっくりLOVE BATON。
回してくれたのは、MUSICAL BATONの時と同じ徒然雑草のcherryちゃんです。
とはいえ受け取ったのはなんと夏合宿の真っ最中だったり…。
実に2ヶ月以上も放置していて誠に申し訳ないm(_ _)m

しかし生まれてこの方20年、色恋沙汰にとんと縁のないわたしに
こんなものを回してくれちゃうとは…。
cherryちゃんもずいぶん物好きですなあ。
ま、頂いたからには律儀に答えちゃおうと思います。

というわけで、「Tricksterの恋愛観に興味がある」という奇特な人以外は
こっから先は立入禁止です。やめといたほうがいいです。
というか見ないで下さい。

…あ、見ないで下さいとか書いたら余計見たくなるのが人情ってもんか。
じゃあ出入り自由音出し禁止でよろしくお願いします。
続きを読む >>
Trickster * Baton * 23:56 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

指揮棒って意味もあるそーな。

今日は何をテーマに書こうかな〜と思っていた矢先、
大学の学友cherryちゃんからMUSICAL BATONなるものを受け取りました。

バトンヽ( ^ー^)ノ"ヘ(^ー^ )丿タッチ!

受け取ったはいいものの…はて、ミュージカルバトンとはなんぞや?
そんな私の疑問に、cherryちゃんはしっかり答えてくれてました。

 >ミュージカルバトン【Musical Baton】(名詞)
 >海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。音楽に関するいくつかの
 >質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、
 >次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。


…ほうほう、なるほど。
つまりものっすごいミもフタもない要約をすると、ブログ版不幸の手紙ということらしい。
いいじゃない!私こういう企画好き♪
一人からつながって、どんどん波及していくっていうのが
ネット(あるいはブログ)ならではって感じで楽しいじゃないですか。
それに音楽トークなら任せとけですよ!(分野偏ってるけど)

…というわけで、早速質問に答えてみました♪

1.今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量は?
調べ方がよくわかんないので、これはパス…ということで。
でもパソコンで音楽聞くってコトがほとんどないので、かなり少ない部類だと思います。
iPod欲しいなぁ。

2.今、聴いている曲は?
えーと、何となくバンプのアルバム聞いてます。
バトルクライ」とか「ダイヤモンド」とか「グングニル」とか色々。
エネルギーチャージするときはいつもこんな感じ。

3.最後に買ったCDは?
何故か「オペラ座の怪人」のサウンドトラック。
ヒロイン役のエミー・ロッサムがめっちゃ歌上手いんです。聞き惚れちゃう。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲は?
なかなか5曲に絞るのって難しいなぁ…
特別な思い入れということで、今まで吹いた曲の中から選んでみました。

Flashing Winds(ヴァン・デル・ロースト)
ここのタイトルの元になってる曲だし、やっぱ一番最初に挙げとかなきゃね。
高一のウィンドフェスティバルで吹きました。
これぞ吹奏楽〜って感じの、弾けるような元気の良さがワクワクしてきます。

オリエント急行(P.スパーク)
言わずと知れた今年のサマコン義亜実は前々からのお気に入り。
パッと聞いたときのコミカルで楽しい雰囲気とは裏腹に、かなり難易度は高くて、
現在進行形で色々と苦しめられてるけど、やっぱりこの曲好きだわ〜。

大序曲「1812年」(チャイコフスキー)
高二の春の定期演奏会のメイン。引退の演奏会だったので思い入れもひとしお。
ラストの朗々と歌い上げる凱旋の歌、鳴り響くバスドラムの祝砲、大好きです。
所々に現れるラ・マルセイエーズの断片を、ホルンで奏でる快感は最高!
高校時代の輝いてた思い出を蘇らせてくれる曲です。

エルサレム讃歌(A.リード)
去年の定期演奏会の妓紂
最初に華々しく登場した主題が、その後次々と姿を変えていく荘厳でとても綺麗な曲です。
私にとって、音楽ともう一度しっかり向き合うキッカケをくれた曲です。
色々迷惑かけて、考えたり悩んだりした分、改めてこの曲は大好きになりました。
もう一つリードさんの曲でイチオシなのが「音楽祭のプレリュード」。いつか是非やりたいな。

吹奏楽のための第一組曲(G.ホルスト)
惑星も二組もムーアサイドもぜーんぶ好きだけど、やっぱり一番はコレ!
シャコンヌの始まりの厳かな雰囲気が一番好きなんだけど、
吹いてて好きなのはインテルメッツォの掛け合いと、その後に出てくる和音の動き。
聞いてて飽きず、吹いてても飽きない、色褪せないマイ・ベスト。
続きを読む >>
Trickster * Baton * 09:59 * comments(5) * trackbacks(2) * pookmark
このページの先頭へ